女性ならではのことって、洋服でしょうか。お化粧は、最近は男性もしているものね。

>

年齢に応じた身だしなみは必要でしょう。

勤め人

一定の勤務場所で働く人は、それなりのいでたちなのでしょうか。建物の中で、事務作業をこなしている人と屋外で制服が支給される接客業とでもプライベートな服装は違ってきて当然ですよね。
会社勤めの人でも正社員の人と派遣社員の人とでは、収入も違って当然だから洋服にかけることができる金額も違ってくるでしょう。
そして、働く動機についても異性を意識している人と仕事だけに注意を払っている人とでも、服装も違って当然ですよね。それは、その人の生き方とでも言うのでしょうか。
扶養控除の範囲内での勤務を希望している人と、世帯主として収入の確保をしなければならないという人もいるでしょう。色んな形の働き方があって当然です。
でも、流行を追いかけるというよりも、旬の小物などをアクセントとして取り入れて生活を楽しむ心も持ち合わせておきたいともおもいませんか。

自由業の人

自由業というか個人事業主のような形で働いている人は、服装も自由な人が多いのでしょうか。
しかし、取引先の方への配慮も必要でしょう。また、服装で、センスなども判断されるだろうしね。
あまり、奇抜な服装だと敬遠されてしまうこともあるかもしれない反面、同じ趣味の人に共感を得ることができるかもしれないですね。
また、若い時とは、違って、経験も積んでいるのですから一点物をゲットするのも一案ですね。
そして、全身を鏡に映してみるということも、行っていただきたいものです。
だってね、主観的にばかりの趣味にこだわってしまった結果、ちょっと場違いになってしまう危険がないのかも、確認しておくことも大事かな、とも思うのです。


シェアする